横浜F・マリノスがヴィッセル神戸を3-1で破り、5度目のJリーグ優勝を果たした。

神戸11 月 6 日 (Japan Today) – 横浜 F マリノスは、土曜日の忙しい最終日に J リーグ 1 部のチャンピオンシップを締めくくり、タイトルのライバルとしてヴィッセル神戸と 2 度のチャンピオン ディフェンダー川崎フロンターレを 3 対 1 で破りました。 10人に減ったもののFC東京に3-2で勝利。

都道府県のライバルであるフロンターレに 2 ポイント差をつけてこの日をスタートし、得失点差で 2 桁のリードを維持していたマリノスは、ノエビア スタジアムで引き分けさえできれば、5 度目のタイトルをほぼ確実なものとしました。

しかし、ケビン・マスカット監督率いるチームは、後半開始早々に神戸のゴールキーパー坪井裕也がフリーキックを放った後、西村琢磨が決定的なゴールを決めて、フォームに忠実であり、積極的にプッシュして勝ち点3を獲得した。

マリノスは前半ロスタイムに武藤嘉典がヘディングで同点ゴールを決める前に、26分にマリノスの先制点をヘディングで決めた。 マリノスのタリスマン中川照仁選手が73分、水沼公太選手のクロスを合わせてゴールを決めます。

この結果により、マリノスは、別のオーストラリア人コーチであるアンジ ポステコグルーが指揮を執っていた 2019 年以来となるタイトルを獲得し、6 シーズンで 5 度目の J1 タイトルを獲得したフロンターレの入札も終了しました。 …読み続けます


スポーツページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

横浜F・マリノスがヴィッセル神戸を3-1で破り、5度目のJリーグ優勝を果たした。

Source#横浜Fマリノスがヴィッセル神戸を31で破り5度目のJリーグ優勝を果たした

Leave a Comment