楽天が日本で独自のNFTマーケットプレイスを立ち上げる

日本のeコマース大手楽天株式会社は本日、ユーザーが楽天NFTと呼ばれる非代替トークンを購入できる市場を立ち上げると発表しました。

同社は、世界中でNFTの人気が高まっていることを受けて、2021年にプラットフォームを立ち上げる計画を最初に明らかにしました。 NFTは、アートワーク、音楽、ビデオゲームのアイテムなどのデジタルアイテムの所有権を追跡できる、ブロックチェーンで表されるアセットの一種です。

マーケットプレイスでは、ユーザーは音楽やアニメーションなど、スポーツやエンターテインメントなどのさまざまな分野からNFTを購入および販売できます。 ユーザーが購入したNFTアートワークとビデオは、コレクションに追加して、購入者自身のWebページに表示できます。

同社によれば、ユーザーは市場で購入する際に楽天IDを利用できるようになり、ロイヤルティ通貨の一種である楽天ポイントを獲得して利用できるようになるという。

楽天はまた、市場が独自の「ワンストッププラットフォーム」を備えており、知的財産所有者が独自のブランドNFTを発行および販売するためのWebサイトを構築できることを発表しました。

発売時には、アニメシリーズ「ウルトラマン」や競馬をテーマにしたコミック「コロガネヒロシG1ゲキトシ」など、アニメ関連のNFTが多数登場します。 将来的には、テレビ朝日公演の有名シーンのレア映像のNFTやダイキサウンド株式会社のロックアイドルグループUnderBeastyのNFTトレーディングカードを発行する予定です。







楽天が日本で独自のNFTマーケットプレイスを立ち上げる
Source#楽天が日本で独自のNFTマーケットプレイスを立ち上げる

Leave a Comment