桃田賢斗が東京の世界で勝利のスタートを切る

元世界ランク1位の桃田賢斗は月曜日、地元のファンの前で3回目の男子シングルス世界タイトルへの入札を開始し、1回戦の対戦相手であるメキシコのリノ・ムニョスを21-16、21-14で破った。

27 歳のスターは、日曜まで東京体育館で開催された BWF 世界選手権の初日、強力な日本人選手の主役を務めました。

2022年8月22日、東京で行われたバドミントン世界選手権の男子シングルス1回戦で、日本の桃田賢斗選手がメキシコのリノ・ムニョス選手と対戦します。 (共同通信) ==共同通信

男子シングルスでは西本健太が第3シードのアンダース・アントンソンを21-15 21-19で破り、奈良岡広大がウクライナのダニーロ・ボスニュークを21-12 21-17で破った。

初日に出場した日本ダブルスは3ペアが全勝。

昨夏の東京オリンピックで衝撃的なグループステージ敗退を喫した現在の世界ランキング2位の桃田は、地元の観衆のサポートを受けて、最近の一貫性のない結果を克服することを目指しています。

「足を動かすことができたし、成長できる試合だった」と桃田は語った。 「テンポを上げようと思うたびに、時間をコントロールできました。」

2018 年と 2019 年の世界チャンピオンの前の試合は、先月のマレーシア マスターズ ラウンド 16 で同胞の常山幹太に敗れました。

東京オリンピックの男子シングルスでの勝利のシーンに戻って、デンマークの世界ランキング 1 位のビクトル アクセルセンは、マレーシアのリュウ ダレンを 21-16、21-12 のオープニング ラウンドで制しました。

男子ダブルスでは、松井圭一郎と竹内義典が韓国のカン・ミンヒョクとキム・ジェファンを21-12 21-7で下し、岡村宏樹と小野寺雅之がインドのマヌ・アトリとB・スメス・レディを21-11 19-21で下した。 21-5.

山下恭平と篠屋成の日本の混合ダブルスペアは、フランスのウィリアム・ヴィジェールとアン・トランを21-13 21-17で破った。

日本の大堀彩は女子シングルスでトゥイ リン グエンに 12-21 21-19 21-11 で敗れた。タイのシッティコム・タマシン。

.桃田賢斗が東京の世界で勝利のスタートを切る
Source#桃田賢斗が東京の世界で勝利のスタートを切る

Leave a Comment