核兵器廃絶のためのNPT会合で進展を推進する日本の首相

日本の岸田文雄首相は木曜日、核不拡散条約を見直し、世界の核兵器を廃絶するための行動に拍車をかけるための1月の会合で、大きな進歩を推進するために可能な限りのことをすることを誓った。

広島の核記念都市出身の岸田文雄のコメントは、2015年にニューヨークで開催された前回の会合が、核兵器のない中東の計画に関する意見の不一致を受けて最終文書を採択しなかった後のものです。

2010年の前回のレビュー会議で、核兵器削減のための行動計画を定めた最終文書が承認されました。

岸田文雄は、「核兵器のない世界に向けて大きく前進する次の核不拡散条約再検討会議で最終文書を採択するために全力を尽くす」と述べた。

岸田氏は、核軍縮に関する特別顧問である寺田稔氏を与党から派遣し、1月の会合の前に合意を形成するために関係国を訪問すると述べた。







核兵器廃絶のためのNPT会合で進展を推進する日本の首相

Source#核兵器廃絶のためのNPT会合で進展を推進する日本の首相

Leave a Comment