松山は3本の木のペンキが多すぎて失格となった

元マスターズチャンピオンの松山英樹は木曜日、アラインメントに使用している3本のウッドの表面にペイントが多すぎると当局が判断したため失格となりました。

2014年にPGAツアーで初優勝した松山がPGAツアーで失格となったのはこれが初めてだった。

チーフレフリーのスティーブ・リントールは、ルール担当者は彼のスリーウッドの表面に円を形成する10本の小さな線に気づいたと述べた。 松山はミュアフィールドビレッジでティーオフしたばかりで、2番ホールに近づいた。

使用されていない限り、不適合のクラブをバッグに入れてもかまいません。 松山はオープニングのティーショットに使ったと言った。

リントールは、日本のスターと話をし、クラブの写真を撮るために、5番目のフェアウェイで彼に会ったと言いました。 それから彼は確認のためにUSGAとツアーの機器基準リーダーを連れてきました、そして結果は失格でした。

アラインメントエイドは問題ではなく、ラインを作成するために使用された物質は、ボールの飛行に影響を与える可能性があるほど十分に厚いものでした。


スポーツページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

松山は3本の木のペンキが多すぎて失格となった
Source#松山は3本の木のペンキが多すぎて失格となった

Leave a Comment