東京電力が福島から放水するための水中トンネルを建設

被害を受けた日本の福島原子力発電所の運転手は、汚染された水を処理して除去するプロジェクトの一環として、工場から海に水を放出するための水中トンネルを建設する予定であると火曜日に述べた。

地震と津波が北東海岸を荒廃させ、プラントを役に立たなくし、チェルノブイリ以来世界最悪の原子力災害を引き起こしてから10年後、約130万トンの汚染水がサイトに蓄積しました。

約500のオリンピックプールを埋めるのに十分な水は、年間約1,000億円(8億8000万ドル)の費用で巨大なタンクに貯蔵されており、スペースが不足しています。

今年初め、東京電力(9501.T)(Tepco)は、処理と希釈を行った後、発電所から沖合約1 km(0.6マイル)の地点から100万トン以上の水を排出する計画を概説しました。 。

東京電力は火曜日に詳細な計画を核規制当局に提出して承認を得たと、会社の関係者である松本淳一氏は記者団に語った。

ポンプは処理された水をタンクから海岸に移動し、海底のトンネルを通って深さ12メートル(40フィート)、海に約1kmまで放流するという。







東京電力が福島から放水するための水中トンネルを建設

Source#東京電力が福島から放水するための水中トンネルを建設

Leave a Comment