東京近郊の電車で発見された未確認の液体。 2人の乗客が病院に運ばれた

金曜日の朝、東京都千葉県の電車の床に、身元不明の液体が広がっているのが発見された。 予備試験では、液体に毒素は検出されませんでした。 しかし、2人の乗客が病気を訴え、病院で治療を受けています。

消防士は午前6時15分ごろ、電車の中で腐った臭いを訴えるという報告を受けました。 千葉県柏駅から埼玉県大宮駅まで東武野田線または東武アーバンパークラインで走っていました。

千葉県野田市駅近くで6両編成を確認したところ、2号車の床に液体が見つかった。

警察によると、当時、車には約30〜40人の乗客がいた。 2人の10代の少女が病院に運ばれました。

液体は無色で臭いはありませんでした。 柏駅を発車したときは、すでに床にあったようです。

警察はさらに液体を分析しています。

七光台駅と運河駅の間の東武野田線の運行が約1時間中断されました。

6月24日(Annnewsch)-千葉県東武野田線・野田市駅「階内に液がくれた」とんがしました。 。。。。。。。。続きを読む


社会のページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

東京近郊の電車で発見された未確認の液体。 2人の乗客が病院に運ばれた
Source#東京近郊の電車で発見された未確認の液体 #2人の乗客が病院に運ばれた

Leave a Comment