東京近郊で観測された「火の玉」

夜空を横切る明るい流星の筋は、首都圏のスターゲイザーを魅了しています。

木曜日の午後 7 時 20 分過ぎに空を飛んでいる「火の玉」を見たと多くの人がソーシャル メディアに投稿しました。

山梨県鳴沢村のNHKカメラは、同時に空を移動する光の球体を捉えました.

神奈川県の平塚市立博物館の学芸員である天文学者の藤井大地は、この現象は火の玉として知られていると語った.

彼は、地球の大気中を急降下する小惑星の破片やその他の物体が燃え尽きると、火の玉が現れると言いました。

藤井氏が平塚市の自宅で撮影した映像にも、空を疾走する火球が写っている。 …読み続けて

8月19日(日テレニュース) – 流れ星中でもひときわ明るい光放つ「火球」が、18日、神奈川県平塚平塚市で撮影されました。が流れの流れが確認できます。同じような光は、静岡県富士市でも。「火球」は、東日本を中心に各地で灟。


科学技術ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

東京近郊で観測された「火の玉」
Source#東京近郊で観測された火の玉

Leave a Comment