東京スカイツリーは首都のスカイラインのシンボルとして10年を迎えます

日本で最も高い建造物である都市景観を定義する東京スカイツリーは、日曜日に一般公開されてから10周年を迎え、パンデミック前の観光ブームの象徴となりました。

634メートルの建造物の天望デッキと天望ガレリアの観測エリアのオープンを祝う記念イベントには、進行中の「ジョジョの奇妙な冒険」アニメコラボレーションと、歌舞伎俳優の市川海老蔵によるパフォーマンスが、タワーの最上部からスクリーン上でライブストリーミングされます。

東京スカイツリーの天望ガレリアデッキのインテリアは、人気アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」との合同10周年記念イベント「ジョジョの奇妙な冒険」のパネルで、2022年5月19日に東京で見られます。(京堂)

東京スカイツリーは、東京都墨田区押上地区の廃墟となった鉄道シャントヤードに建設され、放送塔を兼ねており、東京ソラマチショッピングセンターやすみだ水族館を含む東京スカイツリータウン施設の一部となっています。

東武鉄道が主導する総費用約650億円(5億800万円)のタワープロジェクトは、首都の200メートル以上の膨大な数に干渉されることなくデジタルテレビの送信を確保するための構造に関する主要な放送局の提案に従って考案されました。建物。

2012年5月22日のスカイツリーの一般公開に続き、全国的に大きな関心が寄せられました。第1週の入場抽選では、22日の正午に利用可能な45スロットのオッズが335分の1になり、その年の8月1日に100万人目の顧客が迎えられました。

東京スカイツリーは、2018年10月に共同通信のヘリコプターから撮影されたこのファイルの写真に見られます。(共同通信)

2021年12月に4000万人のゲストのマイルストーンを通過したにもかかわらず、スカイツリーはコロナウイルスのパンデミックの影響を受けています。

2020年度の78万人の入場者数は、100万人を下回る最初の年間出席者であり、2019年度と2018年度のエレベーターの上昇はそれぞれ約360万人と427万人を大きく下回っています。

しかし、回復の兆しがあります。 2021年度には104万人のお客様をお迎えし、今年5月上旬に3年ぶりのゴールデンウィークを開催しました。 6月以降のインバウンド観光の緩やかなリターンは、見通しをさらに改善することが期待されています。

10周年を迎える直前、350メートル上にある天望デッキはツアーやカップルなどでにぎわっていました。

初めて訪れた東京高校1年生のグループは、スカイツリーは首都の代名詞になり、古いライバルの東京タワーよりも涼しいと語った。

大阪府出身の21歳のビートボクサーで、母親と一緒に来たつくいなつみは、下の広大な建物の「素晴らしい」景色を賞賛しました。

しかし、タワーやショッピングセンターのすぐ外にある地元の企業や住民にとって、その存在は地域にさまざまな影響を及ぼしてきました。

豆腐の皮を使った米を専門に扱う地元のアジジン店を50年以上経営している田中清司は、この地域は忙しくて便利になったと言いました。

家具専門のオミネラタンワークショップを運営する大峯正孝氏は、「活気とリニューアル」に同意した。 しかし彼は、このプロジェクトが共同体意識を低下させたと付け加えた。 「古い商店街、彼らは姿を消しました。」


関連する報道:

ランナーがいなければ、オリンピックのトーチリレーは東京で落ち着いたスタートを切る

東京スカイツリーは、コロナウイルスによる3か月の閉鎖後、6月1日に再開します

東京スカイツリーでは、地上よりも早く時が刻みます


。東京スカイツリーは首都のスカイラインのシンボルとして10年を迎えます
Source#東京スカイツリーは首都のスカイラインのシンボルとして10年を迎えます

Leave a Comment