東京は超高層ビルの頂上にある空飛ぶ車の着陸パッドに注目

三菱地所は、所有する東京の高層ビルの屋上を離着陸パッドに変える、2024年度の日本初の有人飛行車両試験飛行の準備を進めています。

この不動産デベロッパーは、日本航空や、英国の着陸インフラのデベロッパーであるスカイポートと提携している商社である兼松と提携して、東京都のプロジェクトのオペレーターとして選ばれました。

東京の丸の内ビジネス地区にある三菱地所の超高層ビルの屋上や、三菱地所が所有する郊外の駐車場が候補地として検討されています。 日航が出資するドイツのスタートアップ、ヴォロコプターの航空機が検討されている。

電動垂直離着陸機 (eVTOL) は、柔軟なモビリティを提供し、交通量を減らし、空港と観光地の間で訪問者をシャトルすることさえできると期待されています。 矢野経済研究所は、世界の eVTOL 空飛ぶ車市場が 2050 年までに 120 兆円 (9,000 億ドル) を超えると予測しています。

日本の多くのプレーヤーは、2025 年の大阪万博でビ​​ジネスを空に持ち込もうとしています。三菱地所は、2020 年代後半に商業打ち上げを達成することを目指しており、航空機オペレーターに離着陸プラットフォームをリースしています。 また、東京だけでなく、名古屋や大阪にも事業を拡大する計画です。 …読み続けて


科学技術ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

東京は超高層ビルの頂上にある空飛ぶ車の着陸パッドに注目
Source#東京は超高層ビルの頂上にある空飛ぶ車の着陸パッドに注目

Leave a Comment