東京はウーバーイーツ組合が団体交渉権を持っていると言う

東京の当局は金曜、日本でフードデリバリーサービスを提供するウーバーイーツの運営者に対し、従業員を代表する組合との交渉を開始するよう命令し、同社の米国を拠点とする部門が違法行為に関与したという組織に同意した.

2019 年 10 月に結成された組合は、事業者に契約条件を交渉し、より良い労働条件を求めるよう求めてきましたが、同社は、プラットフォームを仕事に使用するのは独立した請負業者であり、したがって労働者と見なされるべきではないと主張しました。 日本の労働組合法の下で。

しかし、東京都労働委員会は、彼らが事業者と雇用契約を結んでいないにもかかわらず、彼らがUber Eatsの不可欠な労働力の一部であることを認めました.

Uber Technologies や Amazon.com Inc. などのテクノロジー企業が運営するシェアリング エコノミー プラットフォームを使用して働く人の数が増えていることから、脆弱な労働者がフリーランサーとして雇用法によって保護されずに放置されているという問題が浮き彫りになっています。

労働問題と脆弱な労働者の専門家は、東京都の労働委員会の決定が自営業者の処遇を改善することを望んでいます.

2022年11月25日、東京都内で記者会見を行うUberEatsUnion(日本のUber Eatsスタッフの組合)のメンバー。(共同)

委員会の指令は、オペレーターのプラットフォームを使用して収益を得る配達担当者は、単なる「顧客」と見なすことはできず、アプリを通じてレストランや食べ物や飲み物を注文する人がつながる業界では不可欠な労働者であると見なすことを確立しました.

「契約内容は会社が一方的に決めたものであり、支払いは労働力の提供に対する対価として特徴づけられている」と彼は述べた。

また、ドライバーは勤務時間や場所を自由に選べるように見えるが、仕事を断りにくい状況に置かれることもあると述べた。

運転手は Uber の指示と管理下にあると彼は付け加え、「彼らと会社との関係が彼らを組合法の下で労働者にするのは当然だ」と結論づけた。

ウーバーイーツ ジャパンは声明で、「(決定が)柔軟で独立した働き方を考慮していないことは非常に残念だ」と述べた。

同社は、レビュー要求の可能性を含め、対応を検討すると述べた。

土屋利明元組合長は「常識的な判断で、私たちの主張が認められた」と評価した。

東京での記者会見で、彼は組合が建設的な話し合いを望んでおり、会社と衝突したくないと述べた.

Uber Technologies Inc. のフード デリバリー サービスは、2016 年に日本で開始されました。

Uber Eats Japan によると、7 月の時点で 180,000 を超える飲食店が会員になっており、9 月の時点で 130,000 人を超えるドライバーが今年複数回勤務しています。

東京はウーバーイーツ組合が団体交渉権を持っていると言う

Source#東京はウーバーイーツ組合が団体交渉権を持っていると言う

Leave a Comment