東京の山手線が10月から乗客と自動列車をテストします。

東日本旅客鉄道は火曜日、東京のヤマノテループラインに乗客を乗せた自動列車の試運転を10月頃から2ヶ月間実施すると発表した。

JR東日本は2018年から東京で最も混雑している路線の運行停止中の列車で自動システムをテストしており、オペレーターは2028年頃にこの技術を導入する予定です。

この動きは、人口減少の中でドライバー不足の可能性を食い止めるための対策の一環です。

自動運転システムを使用する場合、運転手はボタンを押すだけで列車の出発をスピードアップできます。 また、駅に近づくと自動的に速度が低下します。つまり、ドライバーは緊急時にのみ手動でサービスを操作します。 …読み続けてください







東京の山手線が10月から乗客と自動列車をテストします。
Source#東京の山手線が10月から乗客と自動列車をテストします

Leave a Comment