東京の山手線が10月から乗客と自動列車をテストします。

東日本旅客鉄道は火曜日、東京のヤマノテループラインに乗客を乗せた自動列車の試運転を10月頃から2ヶ月間実施すると発表した。

JR東日本は2018年から東京で最も混雑している路線の運行停止中の列車で自動システムをテストしており、オペレーターは2028年頃にこの技術を導入する予定です。

山手線の列車は、2022年2月25日に東京で自動列車運行システムによる試験を受けています。(写真提供:東日本旅客鉄道)(京堂)

この動きは、人口減少の中でドライバー不足の可能性を食い止めるための対策の一環です。

自動運転システムを使用する場合、運転手はボタンを押すだけで列車の出発をスピードアップできます。 また、駅に近づくと自動的に速度が低下します。つまり、ドライバーは緊急時にのみ手動でサービスを操作します。

JR東日本によると、テストではループラインのE235系列車を使用する予定です。

データは、東京の中心部を結ぶ環状線を1000回転以上回転させるように設定された列車から、さまざまな時間とさまざまな気象条件で収集されます。

システムの開発は、テストが終了すると最終段階に達すると予想され、目標の2028の実装を達成するために、2023年春頃からキャリッジの改善が予定されています。

東京とその周辺のJR東日本常磐線のローカルサービスは、2021年に自動システムによって運営される同社の最初の標準サービス列車になりました。

山手線は、経験豊富なドライバーのように列車を加速・減速するように調整された改良版のプログラムを採用しているため、エネルギー使用量を削減できます。

線路上の障害物を検知するシステムの開発が進んでおり、JR東日本は2030年代までに非常停止にも対応できる高度なシステムを構築する予定です。

計画の下では、列車の乗務員はもはやドライバーの認定を必要としません。 代わりに、彼らの義務は顧客とトレーニングスタッフへの対応を含みます。

JR東日本の自走式列車への動きは、標準的な列車サービスに限定されていません。 2021年11月、彼はジャーナリストを招待して、日本の新潟県中北部で自動運転の新幹線の試運転を目撃しました。

。東京の山手線が10月から乗客と自動列車をテストします。
Source#東京の山手線が10月から乗客と自動列車をテストします

Leave a Comment