東京の家主は、インフレが悪化する前にコンドミニアムを埋めるために家賃を引き下げます

最近、ほとんどの価格が上昇しているように見えますが、東京のコンドミニアムの賃貸料は反対の方向に向かっています。

不動産データ会社の東京カンテイによると、東京のマンションの平均月額賃料は7月に0.3%下落し、3カ月連続で前月を下回った。

東京都心23区の1平方メートルあたりの価格は3,823円(27.9ドル)で、6月から12円下落した。 また、平均月額賃料が前年比で下落したのも半年ぶり。

東京カンテイのチーフアナリスト、高橋雅之氏は日経アジアに対し、「物価は上昇しているが、給与は上昇していない」と語った。 「消費者は、生活費を削減しなければならないことを知っていますが、食料やエネルギーの支出を削減することはできません。住宅費を削減しようとするのは当然です.

「家主はこれを知っており、家賃を引き下げてコンドミニアムを満室にし、テナントを固定しています。」

高橋氏は、日本の消費者は最悪の事態がまだ来ていないことを知っていると述べ、スーパーマーケットが食品ブランドの発表に合わせて店舗価格を引き上げることができていないことを示すデータ分析会社ナウキャストの調査を指摘した.

…読み続けて


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

東京の家主は、インフレが悪化する前にコンドミニアムを埋めるために家賃を引き下げます
Source#東京の家主はインフレが悪化する前にコンドミニアムを埋めるために家賃を引き下げます

Leave a Comment