東京のベンチャー企業ががん患者の声を AI で再現

東京のベンチャー企業が、がんの手術で声を失った人の声を人工知能で再現する独自のサービスで日本でも注目されている。

CoeFont Co. は、AI を使用して、ユーザーの声の高さやアクセント、会話速度を手術前に学習します。 次に、ユーザーが入力したテキストを元の声と同じように読み上げる合成音声を作成します。

東京工業大学の学生兼教職員が率いる CoeFont には、無料サービスについて 100 件を超える問い合わせが寄せられています。

2022年3月30日、東京都内でCoeFontの音声再生サービスを利用して夫の雅彦さんと話す酒井美智子さん(左)(共同)

CoeFont の社長で東京大学の 3 年生である早川省吾氏によると、同社は当初、このサービスのために AI を利用した技術を開発するつもりはなかったという。

早川さんは、YouTubeなどにコンテンツを投稿する動画クリエイター向けに、アナウンサーや声優の声を学習したAIが文章を読み上げるサービスを考案。

早川さんは、2021 年 4 月に気管がんと診断された後、東京都在住の酒井道子さん (67 歳) からこのサービスの有用性に気付きました。

がんは声帯の神経まで広がっていたため、酒井さんは手術後に話すことができなくなりました。

職業カウンセラーの酒井さんと夫の雅彦さん(68)がインターネットで検索し、CoeFontにたどり着いた。 2021 年 7 月に動画クリエーター向けのサービスを正式に開始する前に、彼女は会社に連絡しました。

酒井さんは手術の 8 日前に 700 の文章を読ませられ、AI が彼女の声を再現できるようになりました。

「ミチコさんをサポートすることで、サービスを活用する別の方法があることに気づきました」と早川氏は語った。

酒井さんは「手術後、最初に話しかけたのは病院の看護師だった。声が以前と変わらないと聞いて驚いていたのでうれしかった」と話した。

坂井さんがスマートフォンで文章をタイプしていると、少し離れたスピーカーから自然な声が聞こえてきます。 音声が合成されたとは思えないほどスムーズに言葉がつながっている。

「別に変じゃないですよ」と夫の正彦さん。 「私たちは自然に会話します。」

声のない人々を代表する東京に本拠を置く組織によると、日本には癌のために声を失った人が2万人から3万人います。

声帯の代わりに食道を使って話す方法や、専用の機械を使って話す方法もありますが、訓練が必要で、効果には個人差があります。

同団体の松山正則代表は「タイピングが必要だが、誰でも簡単に使え、自分の声で話すことができる」とコーフォントのサービスを評価した。

松山氏は、AIがさらに進歩し、人の口の動きを読み取って声を再現することを期待していると語った.


関連記事:

日本企業が神社の寄付金泥棒を捕まえる AI システムを開発


.東京のベンチャー企業ががん患者の声を AI で再現
Source#東京のベンチャー企業ががん患者の声を #で再現

Leave a Comment