東京のインフレ率はエネルギーと円安で10月に40年ぶりの高値に

東京のコア消費者物価は 10 月に前年比で 3.4% 上昇し、40 年以上ぶりの急激な上昇を示したことが金曜日に政府のデータで示され、コモディティ価格の上昇によって引き起こされたインフレ圧力を拡大するよりも円安であるという新たな証拠が示された。

変動の激しい生鮮食品を除く東京の消費者物価指数は、14 か月連続で上昇し、その上昇速度は 9 月の 2.8% から回復しました。 過去 5 か月間、日銀の目標である 2% を上回っています。

2022年6月20日、東京都内のスーパーで買い物をする客(共同)

東京のコア CPI は、他の地域で何が期待できるかを示す指標です。 エコノミストは、9 月に 3% を超えた全国的な数値が年末に向けてさらに上昇し、超低金利政策を維持しようとする日銀の努力に逆らうと予測しています。

総務省によると、複数の消費増税の影響を除いて、東京のコア CPI が 3.4% 上昇したのは 1982 年 6 月が最後でした。

このデータは、日本が29兆1000億円(1990億ドル)の政府支出を含む新しい経済パッケージで家計や企業に対する物価上昇の悪影響を緩和しようとしているときに得られたものです。

しかし、ヘッドライン・インフレ率が一時的に目標の 2% に達したにもかかわらず、最近のインフレ率の急上昇は一時的なものに過ぎないとの見方に基づいて、日銀が経済を支えるために金利を非常に低く保つ必要性に屈する可能性は低いでしょう。 .

東京の食品価格は 5.9% 上昇し、日本では賃金の伸びが依然として鈍いため、消費者に大きな打撃を与えました。

エネルギー価格も 24.2% 上昇し、市の電気料金とガス料金はそれぞれ 26.9% と 29.3% 以上上昇しました。 ガソリンと灯油の価格も上昇しましたが、消費者のコスト上昇を緩和しようとすることを条件に卸売業者に与えられた政府の補助金により、比較的遅いペースで上昇しました. しかし、日本は冬を迎え、エネルギー需要はさらに増加することが予想されます。

コア CPI の上昇は、携帯電話料金の大幅な低下による前年比の影響がさらに解消されたためでもあります。

東京のインフレ率はエネルギーと円安で10月に40年ぶりの高値に

Source#東京のインフレ率はエネルギーと円安で10月に40年ぶりの高値に

Leave a Comment