東京とその周辺で雨季が始まる

日本の気象当局は、東京と関東甲信地方のその他の地域で雨季の始まりを発表しました。

気象庁は月曜日の朝、この地域では今後7日間ほど雲と雨が降ると予想していると述べた。

北東部から西部にかけて雨が降り、中部日本と鹿児島県の奄美地方の限られた地域で雨雲が発生しているという。

奄美の与論島では、1時間あたり29.5ミリメートルの降雨が報告されました。

関東、東北、奄美の各地域では断続的な豪雨が予想されます。

奄美と東京南部の伊豆諸島では、1時間に少なくとも30ミリメートルの雨が降る可能性があります。

火曜日の朝までに、関東光信と東海で最大120ミリメートル、東北で100ミリメートル、南九州と奄美で80ミリメートルの雨が予想されます。

その後も東北の雨は続くでしょう。

気象当局は、地滑り、低地での洪水、川の水増しに注意を払うよう人々に呼びかけています。

6月6日(Annnewsch)-外庁は6日午前、甲信地方が梅雨入しとみじととしました梅雨入入とシート東甲信甲信地方は大雨のが出てててします。


旅行ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

東京とその周辺で雨季が始まる
Source#東京とその周辺で雨季が始まる

Leave a Comment