有効期限が切れたために廃棄される日本のModernaワクチンストックの大量

神奈川県の自治体は、米国からのモデルナワクチンの有効期限が近づいているため、新規コロナウイルスのワクチンを大量に廃棄する可能性があります。

静岡県ではすでに数千回分のモダナワクチンが廃棄されており、岡山県と岡山市、倉敷市では合わせて約101,000回の接種が見込まれています。 全国でも同様の状況が予想されます。

ブースターショットを取得する人が少なく、特に若い人が少なく、多くの人がファイザーワクチンを好むため、多くのことが未使用のままになっています。

「現在の接種率が続くなら、私たちはいくつかを処分するしかないでしょう [of the vaccine]」と横浜市政府の関係者は語った。

月曜日の時点で、横浜は5月28日の使用期限で約6,700回のModernaワクチンを接種しました。1回目と2回目の接種の供給が不安定なため、市は政府にブースターショットをできるだけ多く提供するよう要請しました。 。

モデルナワクチンの有効期限は製造日から9か月ですが、横浜が2月上旬に受け取った約123,000回分の有効期限はすでに約3か月先でした。







有効期限が切れたために廃棄される日本のModernaワクチンストックの大量
Source#有効期限が切れたために廃棄される日本のModernaワクチンストックの大量

Leave a Comment