日経平均株価はFRB長官のタカ派発言を受けて28,000を割り込む

連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長がインフレとの闘いについてタカ派的な発言をしたことで先週後半に米国株が急落した後、月曜日の朝、東京の株式は急落し、日経平均株価は 28,000 ラインを下回りました。

225 回発行の日経株式は、金曜日から平均 789.70 ポイント、または 2.76% 下落して 27,851.68 になりました。 より広いTopix指数は1,940.26で、39.33ポイント、または1.99パーセント下落しました。

最上位のプライム マーケットでは、石油と石炭製品、鉱業を除くすべてのセクターが下落しました。

2022年8月29日、東京の日経平均株価は800ポイント以上下落して2万8000円を割り、ドルは138円台まで上昇した。(共同)

パウエル議長が米国中央銀行がインフレを抑えるために利上げを続ける決意を表明した後、ダウ・ジョーンズ指数が5月中旬以来最大の下落に見舞われ、センチメントが悪化したため、日経平均株価は3週間ぶりにしきい値を下回りました。

金曜日にワイオミング州ジャクソンホールで開催されたシンポジウムで、パウエル議長は、予想外の利上げを通じてインフレを引き下げる努力は、経済に「いくらかの痛み」を与えるだろうと警告した.

みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「投資家は論理的な理由もなく前向きであり、パウエル議長が株式をサポートするような発言をすることを望んでいたため、驚いた.

パウエル議長の声明を受けて長期米国債利回りが急上昇したことで、ナスダック指数は急激に下落しました。これは、金利の上昇が企業の借入コストの増加につながり、日本のテクノロジー株の売りを促したためです。

プライム・マーケット銘柄のうち、値下がり銘柄数は 1,690 を上回り、値上がり銘柄数は 109 で、38 銘柄が変わらずに終了しました。

テクノロジーセクターでは、半導体装置メーカーの東京エレクトロンが2,150円(4.7%)安の43,720円、ライバルのアドバンテストが370円(4.4%)安の7,990円、チップメーカーのスクリーン・ホールディングスが390円(4.0%)安、 9,410円。

為替市場では、日本銀行が超緩和的な金融政策を維持しているため、日米の金利差が拡大するとの期待から、ドルは138円台半ばで1カ月ぶりの高値まで上昇した、とディーラーらは語った。

外為ドットコム総合研究所の主任研究員である神田拓也氏は、一部の投資家が望んでいたように、「パウエル議長の予想以上にタカ派的な発言は、FRBが来年の利下げに踏み切らないかもしれないという憶測を引き起こした」と述べた。

金曜日の午後5時、ドルはニューヨークで137.62-72円、東京で137.01-04円だったのに対し、正午には138.46-47円で取引された。

ユーロは金曜日の午後遅く、ニューヨークで0.9960-9970ドルと137.00-10円、東京で0.9973-9975ドルと136.65-69円に対して、0.9926-9930ドルで137.44-50円で取引された。


関連記事:

インフレを抑えようとする努力の中で、FRB長官は経済への「痛み」を警告する


.日経平均株価はFRB長官のタカ派発言を受けて28,000を割り込む
Source#日経平均株価はFRB長官のタカ派発言を受けて28000を割り込む

Leave a Comment