日米韓、北朝鮮への抑止力強化で合意

日本、米国、韓国のトップ外交官は水曜日、北朝鮮が7回目の核実験を間もなく実施するのではないかとの懸念の中で、北朝鮮の軍事的脅威を抑えるために抑止力を強化することに合意した。

森武雄外務次官は、東京での三カ国会合後の共同記者会見で、三国はロシアがウクライナとの戦争で使用した核恐喝を決して容認しないと語った。

森氏、ウェンディ・シャーマン国務副長官、韓国のチョ・ヒョンドン外務次官も、東海と南海の現状を変えようとするいかなる試みにも反対の意を表明した。軍事的主張。 築き上げる。

(左から右)2022年10月26日の東京での会談の前に、韓国のチョ・ヒョンドン外務次官、日本の森武雄外務次官、米国のウェンディ・シャーマン国務副長官が写真を撮っている。(集合写真)(共同) )

この会談は、北朝鮮が2017年9月以来初めての核実験を実施する可能性があるという懸念とともに、5年ぶりに日本列島上空を飛行した今月初めの弾道ミサイル発射を含む、北朝鮮による一連の弾道ミサイル発射の後に行われた.

火曜日、韓国のユン・ソクヨル大統領は国会での演説で、北朝鮮は核実験の「準備を完了したようだ」と述べた。

「北朝鮮の核・ミサイル活動の増加は、国際社会にとって明白かつ深刻な挑戦であるという見解を共有している」と森氏は述べ、外交官は国連安全保障理事会などを通じて、完全な非核化に向けて協力すると付け加えた。国家。

チョ氏は記者会見で、北朝鮮が7回目の核実験を実施した場合に備えて、3カ国は「史上最強の対応をとる」必要性を認識していると語った。

彼らは、北朝鮮の「非常に高い頻度」の弾道ミサイル発射が「地域の平和と安定に対する重大かつ差し迫った脅威」であることに同意し、同盟の抑止力と対応能力を強化することの重要性を共有した。 日本の外務省によると、米韓。

北朝鮮による最近の一連の挑発行為を受けて、ワシントンとその東アジアの2つの同盟国である東京とソウルは、防衛協力を強化している。 9月下旬には5年ぶりの対潜合同演習を、今月初めには弾道ミサイル探知のための合同演習を行った。

ロシアのウクライナ侵略は、欧州だけでなくアジアの国際秩序の基盤を脅かすものだと強く非難し、協力して問題に対応することを誓った。

同省によると、彼らはウクライナで核兵器を使用するというモスクワの示唆について「深刻な懸念」を共有し、実際の使用はもちろんのこと、核兵器を使用すると脅迫することは「絶対に容認できない」ことに同意した.

外交官は、ウクライナが放射能汚染を引き起こす「汚い爆弾」を使用する可能性があるというロシアの「虚偽の告発」に言及し、いかなる理由でも状況のさらなるエスカレーションを許可しないことを誓った、と外務省は付け加えた。

会談はまた、台湾海峡を越えて軍事的緊張が高まっているときにも行われた。特に、8月に米国下院議長のナンシー・ペロシが台湾を訪問した後、北京は台湾を必要に応じて武力で再統合すべき分離した州と見なしている。

シャーマンは記者会見で、米国の台湾に対する政策は変わらないと述べ、台湾海峡の平和維持を強調した。

6月のソウルでの会談に続いて、外務次官の三者会談が行われた。 尹氏は 5 月に大統領に就任し、左派の文在寅氏の後任として就任した。


関連記事:

日本と米国の外交官は、中国を標的とすることで緊密な協力を誓う

韓国のユン氏は、北朝鮮の7回目の核実験の準備が完了したと述べています

日米韓は効果的な防衛協力を維持することを誓う


日米韓、北朝鮮への抑止力強化で合意

Source#日米韓北朝鮮への抑止力強化で合意

Leave a Comment