日米学生交流事業が3年ぶりに対面での交流を再開

長い歴史を持つ日米学生交流事業が3年ぶりに対面での交流会を開催。

日米学生会議(JASC)は、日本初の国際学生交換プログラムとして1934年に開始されました。 宮沢喜一元首相やヘンリー・キッシンジャー元米国国務長官らがメンバーだった。

JASCは、コロナウイルスのパンデミックのため、活動を制限しなければなりませんでした。 両国の学生が最後に直接会ったのは2019年でした。

今年、プログラムの主催者は対面式の交流を再開することを決定し、8月初旬に35人の日本人学生が米国に行きました。

両国の学生たちは、ニューヨークなどで3週間の同居生活をしながら話し合いを重ねてきた。

水曜日、メリーランド州東部のアナポリスで、彼らはグローバル ガバナンス、教育、テクノロジーなど 7 つのテーマに関する議論をまとめました。

参加者からは、台湾海峡を巡る中国の挑発行為が繰り返されていることから、日米が協力して抑止力を強化することが重要であるとの声が上がった。

沖縄県に駐留する米軍と地元住民との間のコミュニケーションを促進することを提唱する人々もいた。 …読み続けて


教育ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日米学生交流事業が3年ぶりに対面での交流を再開
Source#日米学生交流事業が3年ぶりに対面での交流を再開

Leave a Comment