日米が1月に中国に目を向けて2プラス2の安全保障協議を議論

日本政府筋によると、日米両国は、中国の軍事的主張の高まりに対処するための同盟関係を強化するために、1月に外相および国防相との安全保障協議を開催することを検討している。

林芳正外相と岸信夫国防相が、アントニー・ブリンケン米国務長官とロイド・オースティン国防長官とのいわゆるツープラスツー会議のために米国を訪問するための取り決めが行われている。

東京とワシントンは、北朝鮮の非核化を達成し、中国が軍事活動を強化することで緊張が高まっている台湾海峡で平和と安定を維持するために緊密に協力し続けることに合意することが期待されている。

対面会議は、ワシントンからの要請に応えて、2022年度から東京が日本に米軍を駐留させる費用の多くを負担することを決定した後、閣僚が費用分担協定に署名することで行われる可能性が高いと述べた。

日米は、3月に東京で2プラス2の安全保障会議を最後に開催した。 両国は当初、今年後半に次回の会合を開く予定だったが、12月の日本の政治イベントのために延期される予定であると情報筋は述べた。

岸田文雄首相の閣僚が関与する安全保障協議は、10月から初めてとなる。 日米も首脳会談を開催しているが、日程は未定。

北朝鮮の核・ミサイル開発や中国の急増を受けて、日本の年間防衛費は増加傾向にあり、国防省は4月からの2022年度に547億円(480億ドル)の予算を要求した。

岸田内閣は12月に予算案を承認する予定だ。


関連する報道:

日本政府は、米国の基本的な埋め立て作業に先立って地盤が沈んでいることを認識しています。

バイデンは、日本が岸田首相への国防費を増やすことへの希望を表明した

日本は、軍隊をホストするためにより多くを引き受けるという米国の要求に応じる準備ができています


。日米が1月に中国に目を向けて2プラス2の安全保障協議を議論

Source#日米が1月に中国に目を向けて2プラス2の安全保障協議を議論

Leave a Comment