日米が自律型兵器に関する国連協議の進展を阻止

日本、米国、その他の国々は、自律型致死兵器システムの開発と使用を禁止および規制するための法的拘束力のある措置に向けた国連協議の進展を阻止しています。

特定通常兵器使用禁止条約の第6回再検討会議は、8年間の作業を反映せず、失望を表明する法的拘束力のある規則を要求した国や非政府組織を去ることなく、金曜日にジュネーブで終了しました。

「キラーロボット」とも呼ばれる自律型兵器は、顔認識とアルゴリズムを使用する人工知能を搭載した兵器です。

一度起動されると、武器は人間のオペレーターの助けなしにターゲットを選択して攻撃することができます。 それらは、倫理的、法的、およびセキュリティ上のリスクをもたらします。

日本は、米国、オーストラリア、韓国、インド、ロシア、イスラエルと同様に、法的拘束力のある手段に関する交渉の開始に反対している。自律型兵器は、より速い反応や発砲率の低下などの軍事的利点を提供すると考えられているからである。 。 ” 戦場での直接露出。

外交筋は、「日本は、議論を継続すべきだという立場をとっているが、法的拘束力のある手段について交渉を開始しようとする試みには反対だ」と述べた。

自律型兵器は開発中であることが知られていますが、まだ使用されていません。 3月に発行された国連文書は、リビアでの最初の自律型ドローン攻撃の疑いについて報告しました。

NGOのStopKiller Robotsによると、米国、中国、イスラエル、韓国、ロシア、オーストラリア、英国などの国々はすでに自律型兵器を開発しています。

具体的な対策についての外交交渉は行き詰まっているが、これらの兵器を製造するために必要な技術は非常に急速に発展している。

スイスの都市での5日間の会談でほとんど介入しなかった中国は、「定義に関する合意に基づく」法的拘束力のある措置に反対していないと述べた。

議論は、進化する技術に依存する複雑な兵器システムの一般的な定義に到達するのが難しいことを示しました。

中国は、AIの軍事的適用の規制に関するポジションペーパーを提出したと述べた。

中国の代表は、北京が特定通常兵器使用禁止条約の下でAIセキュリティのガバナンスに関する包括的かつ体系的な提案を提出したのは初めてだと述べた。

NGOや人工知能とロボット工学の専門家、そしてオーストリア、チリ、アイルランド、ニュージーランドを含む多くの国々が、法的拘束力のある規則の開始を求めています。

彼らは会談の結果に「深い失望」を表明し、それは基本的に専門家のグループに具体的な目的なしに議論を続けることを余儀なくさせただけでした。

国際NGOであるヒューマン・ライツ・ウォッチの武器防衛局長であるメアリー・ウェアハムは、自律型兵器に関する新しい国際法の緊急の必要性を考えると、結果は「完全に不十分な多国間対応」であると述べた。

「ロシアと米国の軍事力は、この不名誉な結果に主に責任がある」とウェアハムはツイッターに書いた。

。日米が自律型兵器に関する国連協議の進展を阻止

Source#日米が自律型兵器に関する国連協議の進展を阻止

Leave a Comment