日産は2トリルを費やします。 電化を刺激するために5年以上円

日産自動車は月曜日、世界の自動車ラインの半分以上を2030会計年度にバッテリーで稼働させることを目標に、今後5年間で約2兆円(160億ドル)を電化推進に費やすと発表した。またはハイブリッド。

日産は、他の世界的な自動車メーカーと同様に、二酸化炭素排出量を削減するための世界的な取り組みで役割を果たすために電動車に移行しており、長期ビジョンの中で、完全にバッテリー駆動の電気自動車を発売すると述べています。 。 2028会計年度までに、より安全になり、車両の航続距離を伸ばす。

日本の自動車メーカー第3位の台数によると、2030年度までに電気自動車15台を含む23台の電動車が導入される予定です。

スクリーンショットの画像は、日産自動車の内田誠会長兼最高経営責任者(CEO)が2021年11月29日に自動車メーカーの長期ビジョンを提示しているところです。(京堂)

電気自動車には、電気自動車とハイブリッド車、内燃機関と電気モーターの両方を動力源とする自動車が含まれます。 今日、電動車は日産のグローバルモデルラインの10%以上を占めています。

日産の内田誠最高経営責任者(CEO)は記者会見で、「電気自動車の時代に長期的な収益性をもたらすビジネスチャンスを模索する」と述べた。

日産は、全固体電池のエネルギー密度を従来のリチウムイオン電池の2倍にすることを目指しています。 内田氏によると、充電時間を3分の1に短縮し、電気自動車の総コストをガソリン車並みの水準にまで下げることが目標だという。

全固体電池のパイロットプラントは、2024年度から、自動車メーカーが本社を置く東京近郊の横浜に設置される予定です。

日産は、10年前にマス市場向けの最初の全電気自動車であるリーフを発売しました。 近年、自動車メーカーは、カルロスゴーン前大統領の下で追求された拡大政策から移行して、収益性の向上に苦労しています。

日産は以前、主要市場で新たに発売されたすべての車を2030年代初頭までに電動化すると述べていました。

地域別では、日産の最も野心的な目標はヨーロッパであり、2026年度までに売上高の75%以上を占める電気自動車を目標としています。

日本の数字は55%以上、中国の数字は40%以上です。 米国では、2030年度までに電気自動車が売上高の40%以上を占めることを目指している。

「このビジョンは、日産に今後10年間の方向性を与える羅針盤として機能し、過去の過ちを考慮して企業文化を変革してきた日産にとって意味があります」と内田氏は述べています。

日産は他の自動車メーカーと協力して、自動車産業や他の産業が地球温暖化の原因の一部である二酸化炭素排出量を削減し、カーボンニュートラルを達成するための取り組みを強化するにつれて、具体的な目標を設定します。

トヨタ自動車は、2030年までに800万台の電動車を販売することを目指しており、そのうち200万台は電気自動車と水素燃料電池車です。 世界で最も売れている自動車メーカーも、全固体電池を開発しています。

Honda Motor Co.は、2040年までに全世界の販売を占める電気自動車と自動車の目標を設定しました。ドイツのVolkswagen AGは、2030年までに自動車販売の50%が電気自動車になると予測しており、その数は次のように増加すると予測されています。ほぼ100パーセント。 2040年に。

アナリストによると、充電ステーションなどのインフラストラクチャを構築することは、電気自動車の利用拡大を促進するために重要です。

日本の調査会社富士慶西グループによると、電動車(ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、二次電池式電気自動車)の世界販売台数は、2020年の585万台から8.4倍の4,919万台に増加すると予測されています。 株式会社

。 日産は2トリルを費やします。 電化を刺激するために5年以上円

Source#日産は2トリルを費やします #電化を刺激するために5年以上円

Leave a Comment