日本FMはカンボジアに民主的な方法で2023年の選挙を行うように指示します

日本はカンボジアに民主的な方法で来年の総選挙を開催することを望んでいる、林芳正外相は月曜日にカンボジアのフンセン首相の相続人に明らかに言った。

外務省によると、東京での1時間にわたる会議で、今年の東南アジア諸国連合の議長を務めるフン・センの長男である林とフン・マネットは、軍事政権下のミャンマーの危機に対処するための調整を確認した。 。

2022年2月14日の東京での会談に先立ち、林芳正外相(右)とカンボジアのフン・セン首相の長男でカンボジア軍の司令官であるフン・マネットが描かれている。

林氏は、フン・マネット氏に対し、日本は可能な限り支援を行うため、2023年夏のカンボジア総選挙と今年6月の地方選挙は「民主的かつさまざまな声を反映した方法で行われる」と述べたと伝えられた。ラジェント。」

カンボジア陸軍の44歳の司令官であるフン・マネットは、フン・センが次の指導者になりたいと述べた後、12月下旬に与党カンボジア人民党によって将来の首相に指名された。

党は、フン・マネットが東南アジアの国を30年以上統治してきた父親をいつ引き継ぐかについてはまだ明らかにしていない。

林氏は、一部マスコミに公開された会合で、「日カンボジア関係は非常に強固であり、ミャンマー問題を含む国際社会の課題に緊密に協力できると信じている」と述べた。

フン・マネットは、1月にフン・センと一緒に国の首都ネピドーに旅行し、軍事政権のミン・アウン・ライン首相と会談した後、ミャンマーの状況について林に説明した。

フンセンは、軍が民間の指導者アウンサンスーチーを追放し、2021年2月1日のクーデターで民主的に選出された政府を倒して以来、初めてミャンマーを訪問した外国の指導者となった。

フン・マネットは、カンボジアの平和と経済発展への日本の貢献に感謝の意を表し、東京とのより強い関係を築くための努力を誓った。

フン・マネットは、国連平和維持活動への自衛隊参加の最初の事例として、今年、日本がカンボジアに自衛隊員を派遣してから30周年を迎えるにあたり、国防省の招待で来日している。

岸田文雄首相、岸信夫防衛相とは、在日中に別々の会談を行う予定だ。

。日本FMはカンボジアに民主的な方法で2023年の選挙を行うように指示します
Source#日本FMはカンボジアに民主的な方法で2023年の選挙を行うように指示します

Leave a Comment