日本2021年度の長期債務は、1,000トリルを超える新たな高水準に達しました。 とで

財務省によると、日本政府の長期債務残高は、2021年度に初めて1,000兆円(7.7兆ドル)を超え、3月に終了し、史上最高水準に達した。

人口の高齢化とコロナウイルスの大流行に対応した緊急支出のなかで社会保障費が高騰したことを背景に、債務は10兆17.1億円に達し、18年連続で過去最高を記録した。

2021年1月13日に撮影されたファイル写真は、東京にある日本の財務省を示しています。 (共同通信)

一部の社債を除いた長期債務残高は、前年度比44兆円増加した。 債務の拡大により、世界第3位の経済大国は、すでに主要経済国の中で最悪の財政状態の回復からさらに遠ざかっています。

債務残高は、2002年度末に初めて500兆円を超えた後、過去20年間で倍増した。

同省によると、地方自治体の長期債務残高は193兆円と推定されており、総債務額は1210兆円に達するとのこと。

簡単に計算すると、日本人一人ひとりに966万円の借金があります。

最近の債券利回りの上昇に続いて、累積債務の利払いが増えることは、政府にとって頭痛の種となるでしょう。 しかし、これまでのところ、日本銀行は、金利をゼロに近づけるための緩和的な金融政策の一環として、大量の債券を購入してきました。

大胆な金融緩和政策を盛り込んだ「アベノミクス」の安倍晋三前首相は、日銀を「政府の子会社」と呼び、中央銀行の独立性を損なうものと見ている野党議員たちから即座に反発を受けた。

政府は2022年度に、社会保障費の高騰を賄うため、当初予算として過去最高の107.60兆円を投じる計画である。 約65兆円の税収を見込んでいるが、不足分を補うために社債を発行する計画だ。

与党の公明党と公明党が4月、ロシアのウクライナ侵攻によるエネルギーと食料価格の高騰の影響を和らげるために2兆5000億円以上の追加予算を求めることで合意したため、国の財政状態はさらに悪化する可能性がある。 。

日銀は12月現在、債務残高の43%を保有しているが、債務の収益化から一線を画し、市場を通じて国債を購入している。

「(政府の)債務の半分は日銀が購入している。日銀は政府の子会社である」と日銀の金融緩和を支持している安倍首相は月曜日の集会で語った。

債務の返済期限が来ると、政府はそれを繰り越すことができると彼は言った。

野村総合研究所のエグゼクティブエコノミストで元日銀の理事である木内登英氏は、中央銀行の独立性は維持されるべきであり、維持されるべきであると述べ、安倍首相の見解は「あまりにも洗練されていない」と述べた。

木内氏は、「日銀の独立性が損なわれると、政府にとって都合の良い政策をとらざるを得なくなる」と述べ、無制限の国債発行は財政破綻のリスクを高め、日本通貨の価値と経済成長の可能性を損なうと警告した。 。

。日本2021年度の長期債務は、1,000トリルを超える新たな高水準に達しました。 とで
Source#日本2021年度の長期債務は1000トリルを超える新たな高水準に達しました #とで

Leave a Comment