日本沖の荒れた海に22時間漂流した後の人間の「奇跡的な」救助

69歳の男性は、22時間を開放水域で漂流した後、日本沖の荒れた海から救出され、当局は彼の生存を「奇跡」と呼んだ。

鹿児島県南西部の屋久島に向かう途中、土曜日の午後、名前が公表されていない男が一人で沈没した。

沿岸警備隊によると、彼は島の同僚に電話して警告を発したが、ほぼ1日後、転覆したボートのエンジンに座ってプロペラの一部を握りしめているのを救助者が見たときまで見つからなかった。

「彼は22時間海に一人でいました。 私は彼のサバイバルスキルに畏敬の念を抱いています」と、名前を挙げられたくない沿岸警備隊の将校は言いました。

沿岸警備隊が公開した劇的な映像は、チームがボートに乗っている男性に近づき、「さあ! もう少しだけ! しっかりつかまる! “

船は転覆し、公海で小さな船にしがみついている男を見つけました。 緊張した救助活動です。 波状の波。 救助を待っている人がいます。 –ANNnewsCH







日本沖の荒れた海に22時間漂流した後の人間の「奇跡的な」救助

Source#日本沖の荒れた海に22時間漂流した後の人間の奇跡的な救助

Leave a Comment