日本政府は8年間の建設注文に関するデータを誇張しました

日本政府は約8年間の建設注文に関する月次データを誇張している、と当局者は水曜日に言った、その慣行が国内総生産の数字の誤算につながった可能性を高めた。

関係者によると、国土・インフラ・運輸・観光省は、2013年度以降の月次建設受注データをまとめる際に、同じ会社から受け取ったデータの一部を2回カウントしていた。

2021年12月15日に撮影された、東京の国土交通省を示すファイル写真。 (共同通信)==共同通信

国の53の主要な経済統計の1つである毎月の建設注文は、約12,000社から毎月提出されたデータを使用して計算されます。 これらは、国のGDPをまとめ、政府の政策決定や経営管理の決定に影響を与えるために使用されます。

岸田文雄首相は議会で、2020年度と2021年度の来年3月までのGDPは、正しく計算された建設指示データが使用されたため、影響を受けていないと述べた。

しかし、当局は、2019年以前の生の調査結果は、そのような記録を保持するために必要な2年間の期間の後にすでに削除されており、影響の完全な範囲が明らかになる可能性は低いと述べた。

「非常に残念でした。同様の事件が再発しないように、できる限りのことをしなければなりません」と岸田は語った。

松野官房長官は定期記者会見で、内務省や政府の経済指標の作成に関与する他の政府機関に、データの潜在的な影響を検討するために協力するよう指示したと語った。

「私は国土省に開発を見直し、説明する責任を果たし、再発を完全に防ぐように指示した」と松野氏は述べた。

斉藤鉄夫国務相は会期中に謝罪し、政府は2020年1月から今年3月までの月次建設命令データを参考のために修正したと述べた。

斉藤鉄夫国土・インフラ・運輸・観光大臣は、2021年12月15日に東京で開かれた議会会期中にお辞儀をします。(京堂)

野党はデータの詰め込みを批判し、第三者の委員会が問題を調査し、この問題に関する集中的な議論が予算委員会で行われない限り、来年の2022会計予算に関する審議をボイコットすると脅迫した。

日本の主要野党である立憲民主党の階猛氏は、労働省が10年以上にわたって誤った労働データを発表したという2018年の暴露後のレビューで、政府が膨らんだデータを見落としたため、第三者による調査の必要性を強調した。

労働省が2000万人以上に労働関連の給付を十分に支払っていないと発表したことは、政府の統計全体の正確さに疑問を投げかけた。

大和証券のシニアエコノミストである末広透氏は、パディングされた建設注文データの影響は「わずか」であり、経済成長率と国の経済評価は「変わらない」と述べた。

「月次労働データの問題が明るみに出たときよりも影響は少ないかもしれないが、それはすべてがうまくいくという意味ではない。重要なのは経済データの信頼性と最新の啓示が体に打撃を与える可能性がある。 “、 彼は言った。

エコノミストは、「経済学者は政府のデータが正確であると確信しているので、政府はその信頼性を向上させるために取り組むべき何かを持っている」と付け加えた。

都道府県は、毎月、企業からの建設指示データを収集してから省庁に送っている。

ただし、企業が調査結果を時間通りに提出せず、一度に数ヶ月間データを提出する場合があります。 地方自治体は、先月の数字として合同注文を報告するように何年にもわたって指示されており、その慣行は今年3月まで続くでしょう。

2012年度までは、調査結果が期限内に提出されなければ、企業は注文がないと考えていた。

しかし、2013年度に方針を変更し、他社から提出されたデータに基づいて調査結果を提供しなかった企業の見積もりを行ったため、締め切り後にそれらの企業が以前の注文からデータを提出したときに特定の数値が二重にカウントされました。

同省は、会計検査院が不適切な手続きであると述べた後、今年4月に、当初は期限後に提出されたデータを利用することを目的としたこの慣行を停止した。

省当局者は、当時の責任者は、いくつかのデータを二重に数えることに問題があるとは思わなかったと述べた。


関連する報道:

7月から9月の日本の景気後退。 3.6%までのパンデミックの真っ只中に

日本政府が土地交渉文書の操作に関するファイルを公開

日本の政府省庁は、障害者の雇用率の上昇を認めています


。日本政府は8年間の建設注文に関するデータを誇張しました

Source#日本政府は8年間の建設注文に関するデータを誇張しました

Leave a Comment