日本政府はコスト上昇の中で未使用の「アベノマスク」を段階的に廃止する

日本政府は、COVID-19の大流行の真っ只中に、人気のない無料配布プログラムから守ってきた未使用の布製マスクを捨てる計画だと、岸田文雄首相は火曜日に、それらを維持することは費用がかかることを証明していると述べた。

当時、安倍晋三首相が使い捨て用品の不足に対処するために配布することを決定した後、洗える布製マスクは日本のいくつかの場所で「アベノマスク」という名前になりました。

政府は、介護施設と全国のすべての家庭に配布するために約2億8700万枚のマスクを購入しました。 10月には8,100万枚以上の未配布のスキンがあり、昨年8月から今年3月までの間に未使用のスキンを保管するために約6億円(530万ドル)を費やしました。

2020年8月8日に東京で撮影されたファイル写真は、当時の安倍晋三首相が、コロナウイルスの大流行中に日本が入手した布製マスクの1つを着用していることを示しています。 (共同通信)

岸田文雄氏は記者会見で、「政府の布製マスクは、今年度末(3月まで)に配布した後、処分するよう(関係者に)指示した」と述べた。

首相は、「製造・供給の回復により、マスク不足の懸念は完全に解消され、布製マスクの本来の目的は達成された」と述べた。

日本では、最近確認されたコロナウイルスの症例数は減少傾向にありますが、新しいオミクロン変異体については不確実性が残っています。

安倍政権の布製マスクの意図的な配布は、配達の遅れと欠陥のあるものの発見のために明らかに失敗した。

厚生省は、検査だけで約21億円の費用で、約1100万枚の布製マスク(審査対象の約15%)に欠陥があることを発見した。

岸田文雄首相は、火曜日までの臨時会期で、残りのフェイスマスクの使い方を政府が検討すると述べた。

。日本政府はコスト上昇の中で未使用の「アベノマスク」を段階的に廃止する

Source#日本政府はコスト上昇の中で未使用のアベノマスクを段階的に廃止する

Leave a Comment