日本政府は、距離が維持されれば屋外ではマスクは必要ないと言っています

日本の政府高官は水曜日、コロナウイルスから保護するために屋外でマスクを着用する必要はない、と社会的距離が守られていると述べた。夏が近づくと熱射病のリスクが高まる。

松野博一内閣官房長官は、政府は国のコロナウイルスの状況を監視し、医療専門家と協議しながら、ウイルス対策を引き続き検討すると述べた。

COVID-19に対するワクチン接種の進展に伴い、海外ではマスクの要件が緩和されています。 米国は連邦マスクの義務を解除し、英国とフランスではマスクの使用はもはや必要ありません。

2022年4月25日、コロナウイルス対策用のマスクを着用した人々が東京の銀座エリアを歩きます。(京堂)==京堂

松野氏は記者会見で、「特に気温や湿度が高いときは、十分な距離が保たれている限り、屋外でマスクを脱ぐことをお勧めします」と語った。

「専門家は、マスクなしで近くにいる人と話すなどのリスクの高い行動は避けるべきだと言います。外部の他の人と十分な距離を保ち、彼らと話すことができない場合は、適切なマスク着用が必要です」と彼は言いました。

日本では感染症の数は安定しており、政府は国境管理をさらに緩和して、他の7カ国のグループと一致させることを検討しています。 COVID-19準非常事態の下で課せられた活動の制限は、3月下旬に日本全土で完全に解除されました。


関連する報道:

焦点:日本で始まるマスク要件の緩和に関する議論

ニュージーランドはビザ免除国との国境を再開します

韓国は5月2日から外でマスクを脱ぐことを許可する


。日本政府は、距離が維持されれば屋外ではマスクは必要ないと言っています
Source#日本政府は距離が維持されれば屋外ではマスクは必要ないと言っています

Leave a Comment