日本政府が職業訓練の焦点をデジタルスキルにシフトする

日本は、公的職業訓練プログラムの焦点を、生産性を高めるために、デジタル領域と脱炭素化の取り組みに焦点を当て、成長の可能性のある分野に移すと、日経は学んだ。

公的職業訓練プログラムは、求職者を支援する方法として、国および地方自治体によって運営されています。 新卒者、障がい者、すでに就職している方など、働きたい方は研修の対象となります。

日本は、情報技術などのデジタル関連のコースの割合を、現在利用可能な全コースの20%から2024年度までに30%以上に増やすことを目指しています。

この動きは、水曜日に政府によってまとめられたデジタルガーデンシティネーションのビジョンと一致しており、5年間で230万人のデジタルワーカーを作成するという目標も設定しています。

2021年には、約11万人が公的職業訓練に参加しました。 経理などの事務スキルが全コースの約30%を占め、情報処理などのスキルが約20%を占めています。

これらのコースでは、クラウドに精通した労働者をもっと雇用したいという雇用主のニーズを満たすことができなかったことが指摘されています。


教育ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本政府が職業訓練の焦点をデジタルスキルにシフトする
Source#日本政府が職業訓練の焦点をデジタルスキルにシフトする

Leave a Comment