日本市場をスキップしたトヨタ初の量産EV

トヨタ自動車の最初の全電気マスマーケットモデルは、自動車メーカーが電気の需要がより確立されているより大きな市場に焦点を合わせているため、今年後半に発売されるときに日本の消費者に販売されません。

12月に自動車メーカーが概説した新電気戦略の下で発売された最初のモデルであるbZ4Xスポーツユーティリティビークルは、早ければ5月または6月からKintoサブスクリプションサービスを通じて消費者に提供されます。

トヨタはまた、Rent-a-Leaseディーラーを含むチャネルを通じて、法人顧客が車両を利用できるようにします。

国内のディーラーを通じて車両を販売しないというトヨタの決定は、日本のドライバーが高価格と充電ステーションの不足のために電気自動車を受け入れるのが遅いという現実を反映しています。

トヨタは1月下旬にサプライヤーに提供する計画で、2022年度に全世界で6万台弱、2021年に販売した電気自動車14,000台以上を目標に4月に生産を開始する予定です。2023年度には約5万台の生産を目指しています。 …読み続けてください







日本市場をスキップしたトヨタ初の量産EV
Source#日本市場をスキップしたトヨタ初の量産EV

Leave a Comment