日本女子は3連覇を逃す

ブルガリアのソフィアで、2年連続の世界チャンピオンである日本は、金曜日に3回連続で女子チームのスプリングボードのタイトルを逃し、中国とイギリスに次ぐ3位でフィニッシュした.

2019 年と 2021 年の非オリンピックチームイベントで優勝した日本は、桐生リサのミスを克服して表彰台を獲得し、森光と宇山めぐが 56 ポイントに迫りました。

「メダルを取るか取らないかで大違い。取れただけでも良かった」と宇山選手はほっとした。

(左から)2022年11月18日にブルガリアのソフィアで開催されたトランポリン世界選手権の女子チーム決勝で銅メダルを獲得した後、日本の桐生梨沙、森光、宇山めぐ、田村成美がポーズをとっている.(共同)==共同

モリ氏は、3 人のアーティスト全員が 56 点以上のスコアを獲得した中国に近い将来、彼のチームが挑戦できると確信していました。

「日本の現在のレベルでは、もっと上を目指すことができる」と森氏は語った。

日本は男子団体戦で、西岡竜星選手が左ひざの負傷で出場できず、5位に終わりました。 ポルトガルが初勝利。

日本女子は3連覇を逃す

Source#日本女子は3連覇を逃す

Leave a Comment