日本企業は緊張の中で「中国ゼロ」を達成する方法を探る

東京10月24日(日本経済新聞) – 米国との対立が激化する中、日本企業は中国から独立したサプライチェーンの構築に奔走しており、あらゆる製品のコストが大幅に上昇すると予想されている。 企業は「チャイナ・ゼロ」の準備ができているか?

昨年の夏、本田技研工業では極秘プロジェクトが本格化していた。中国製の部品をできるだけ少なくして乗用車とオートバイを製造することを検討する大規模なリストラ計画だ。

企業は、台湾で不測の事態が発生した場合、中国で事業を継続するかどうかを選択する必要があります。 経営者は常に事業の継続性を考慮しなければなりません。

中国はホンダの世界販売の3割以上を占めており、中国を収益の柱とする同社の方針は今後も変わることはない。 自動車メーカーはすぐに中国を離れるつもりはありませんが、会社が緊急事態に備えていることを確認するために、中国のリスクに正面から直面しています.

同社は、東南アジアなどの他の地域から部品を調達するコストを急いで見積もっていますが、中国で製造される自動車の部品は国内で調達されます。 ホンダの広報担当者は日経に、サプライチェーンのリスクをヘッジするためのさまざまなオプションを常に検討していると語った. …読み続けます


事業ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本企業は緊張の中で「中国ゼロ」を達成する方法を探る

Source#日本企業は緊張の中で中国ゼロを達成する方法を探る

Leave a Comment