日本人ティーンエイジャーが全米女子アマチュアゴルフ選手権で優勝

第122回全米女子アマチュアゴルフ選手権で馬場早紀選手が優勝。

日曜日の 17 歳の高校生は、1985 年の服部美智子以来、初めて日本人選手としてタイトルを獲得しました。この大会は、女子アマチュアゴルファーにとって世界最高峰の選手権の 1 つと見なされています。

ババは、ワシントン州のチェンバーズ ベイ コースで行われた 36 ホールのマッチプレー決勝で、カナダのモネ チュンと対戦しました。

日本人のティーンエージャーは、最初の 18 ホールで 7 アップのリードを確保しました。 全選手は20番ホールと21番ホールで差を縮めたが、馬場選手は次の3ホールでバーディを奪い、27番ホールで11アップのリードを奪って勝利を確定させた。

ババは、ラウンド中ずっと自分が勝つと思っていたと言いました。 服部美智子さんと並んで名前を書くことができて、とてもうれしいです。


スポーツページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本人ティーンエイジャーが全米女子アマチュアゴルフ選手権で優勝
Source#日本人ティーンエイジャーが全米女子アマチュアゴルフ選手権で優勝

Leave a Comment