日本人コーチの木志がセルビアの希望を支えるストイコビッチ

木曜日にカタールで行われるグループ G の開幕戦で、ワールドカップの本命ブラジルと対戦するとき、日本の木野勝仁監督は、ドラガン ストイコビッチ監督と並んでセルビアのベンチにいる。

58 歳の木ノ志は、10 年以上にわたりストイコビッチの右腕であり、1990 年のワールド カップでのユーゴスラビア チームのスターは、トレーニング計画を作成し、セルビア チームに戦術的な指示を与えることを彼に依存しています。

2022年9月、オスロで行われたノルウェーとのサッカーの試合後、セルビアの日本代表の木志克仁監督(右)とドラガン・ストイコビッチ監督(写真提供:セルビアサッカー協会)(共同)

「我々はやるべきことをやった」と、クラブの元スターであるストイコビッチが率いる名古屋グランパスのチームを率いて2010年にJリーグ1部のタイトルを獲得した木之志は自信を持って語った.

この2人は、2021年3月にセルビアでストイコビッチに会うことに木之志が同意する前に、中国のクラブ広州市でも一緒に働いていた。

クリスティアーノ・ロナウド率いるポルトガルを抑え、グループA首位の座を勝ち取るまでの道のりで、ヨーロッパ予選の最初の3試合で木ノ志がセルビアを2勝1分けに導き、結果はすぐに疑念を払拭した。

「選手同士が共通の理解を持つことを中心にトレーニングスケジュールを組んだので、彼らはチームメイトをサポートし、最高のものを引き出すことができます.

1997年に高校教師の職を辞し、現在の湘南ベルマーレでフットボールの監督になった後、彼のユニークなキャリアにより、セルビアのトップチームから将来の監督職を求められた。

2004年から55歳の三浦知良を個人的に指導してきた木之志は、「きちんとした成績を残し、いずれは日本サッカーに貢献したい」と語った。

ユーゴスラビアは 1930 年と 1962 年のトーナメントで 4 位に終わりましたが、セルビアはバルカン半島の崩壊以来、まだノックアウト ステージに到達していません。

日本人コーチの木志がセルビアの希望を支えるストイコビッチ

Source#日本人コーチの木志がセルビアの希望を支えるストイコビッチ

Leave a Comment