日本アルプスのホステル オーナーがアーティストに環境保護を依頼

中部日本の北アルプスにあるハイキング ロッジのオーナーは、新進気鋭のアーティストに無料の長期滞在を提供しており、彼らがそこで制作する作品が、この地域の自然資源を保護することの重要性についての会話のきっかけになることを願っています。

41 歳の伊藤次郎は、長野県、岐阜県、富山県にまたがる人里離れた山岳地帯にある雲ノ平山小屋に滞在するアーティストに課す唯一の条件は、彼らが主催する展覧会で作品を展示し、他の機会に。 .

2022年9月、日本の北アルプスにある雲ノ平山小屋のオーナー、伊藤次郎氏が共同通信とのインタビューにポーズをとっている. (共同)

この地域の登山道と自然環境の維持は、この地域が国立公園の一部であるにもかかわらず、国や地方自治体からの支援をほとんど受けていないキャビンの所有者の「ひざまずく」ことがよくある.

9月下旬、北アルプス最深部、標高2,600メートルの高原にあるロッジに、日本各地から選りすぐりのアーティストが集結。

2022年9月、北アルプスの雲ノ平山小屋で作品を制作するアーティスト(共同)

東京に近い埼玉県から来た写真家の小林茂太さん(37)は、沼地の泥炭層にできた自然の池を約2週間にわたって撮影した。

荒れ果てた風景が生み出す独特の地形を眺めていると、「混沌から生まれる秩序」とのつながりを感じたという。

広島県出身のアニメーション作家、秦恵子さん(41)が、岩場を背景に人形を操る動画を制作。

「北アルプスは、知らないところがたくさんあるところが魅力です。

2022年9月、北アルプスの雲ノ平山荘を眺めながらプロジェクトに取り組むアニメーション作家の畑恵子さん(手前左)(共同)

雲ノ平を日本の「最後の未発見地域」と呼ぶ伊藤氏は、環境保護の概念がまだ日本社会に定着していないことへの懸念から、2 年前にこのプログラムを開始した。

表向きは国立公園を保護する責任を負っていますが、政府は慢性的な予算と労働力不足のために、長い間この地域の管理を怠り、ロッジ運営者の自発的な労働に任せてきました。

状況が一向に改善しないため、伊藤氏は政府の対応を待つのではなく、環境破壊に反対する草の根運動が時々生まれているという欧米の経験を見て、アートを通じて呼びかけることを決意しました。芸術の。 .

伊藤氏は4月に東京で展覧会を開催し、過去2年間に雲ノ平山小屋で行われた作品を紹介しました. 17日間の開催期間中、約1,000人が展示会を訪れました。

「自然の映像の絶対的な美しさ」や「10時間かかってもホステルに行きたい」などの声が寄せられました。

北アルプス最深部、標高2,600mの高原にある雲ノ平山小屋。 (木戸)

伊藤氏は今年初め、「自然の価値をより深く理解するためにあらゆる視点を活用する」ために、研究者に無料宿泊施設を提供し始めました。

九州大大学院教授の古川深知さん(40)は約3週間滞在し、文化人類学の観点からアーティストの作品を観察した。

「アーティストたちは湿地をステージとして見ていますが、私は単に湿地として見ています。それは刺激的な発見でした」と彼は言いました。

プロジェクト3年目となる伊藤は、雲ノ平山小屋が「最前線」に位置する「社会運動」の創造に力を注いでいる。

2022年9月、北アルプスの雲ノ平山小屋で作品を制作するアーティスト(共同)


関連記事:

FEATURE: ソニー ミュージックは業界をリードし、アーティストの精神的健康をサポートします

最初の放流前に日本アルプスに空輸される絶滅危惧種のライチョウ

東京の警察官が死亡、東日本の山でもう一人行方不明


日本アルプスのホステル オーナーがアーティストに環境保護を依頼

Source#日本アルプスのホステル #オーナーがアーティストに環境保護を依頼

Leave a Comment