日本を象徴する厳島神社が改築されて輝きを取り戻す

広島11 月 1 日 (The Nation) – 広島県廿日市市の厳島神社の象徴的な朱色の大鳥居の見慣れた光景が、3 年間の改修工事を経て完成間近に戻ってきました。

世界遺産の海岸に通じる湾に立つ現在の門は、明治8年(1875年)の建立と伝えられ、重要文化財に指定されています。

老朽化のため、2019年6月より檜皮葺屋根の葺き替え、傷みが目立つ柱の塗り替え等の大規模修繕工事を行いました。 ドアは改装中に保護シートで覆われていました。 …読み続けます


旅行ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本を象徴する厳島神社が改築されて輝きを取り戻す

Source#日本を象徴する厳島神社が改築されて輝きを取り戻す

Leave a Comment