日本はCOVID-19感染の第8波に対する準備方針を起草

東京新型コロナウイルスの第8波到来への懸念が高まる中、日本政府は11月11日(木)、都道府県ごとに新型コロナウイルス対策の強化宣言を認める方針を決定した。

日本の厚生労働省も会議で、現在の感染状況のアラートを5段階から4段階に変更することを決定した。 第7波以上はレベル3に分類され、感染拡大が続いていることを意味します。

国は同日に全国で78,268人の新規感染を記録し、1週間前より10,000人以上増え、COVID-19患者の中で84人が新たに死亡​​しました。

東京は毎日7,969人の症例を確認し、北海道は8,457人、神奈川県は5,190人を報告した。

厚生労働省によると、本島最北端の北海道では、直近の 1 週間で人口 10 万人あたり 850 人と 47 都道府県の中で最大の増加が見られ、寒冷地では感染がさらに拡大する可能性があると付け加えた。換気の実施の難しさ。 …読み続けます


ポリシー ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本はCOVID-19感染の第8波に対する準備方針を起草

Source#日本はCOVID19感染の第8波に対する準備方針を起草

Leave a Comment