日本はCOVID国境管理を緩和し、3月から入国検疫を解除

政府筋によると、日本は、コロナウイルスの蔓延を防ぐために導入された海外からの毎日の新規参入者数の上限を、現在の3,500人から来月5,000人に緩和する一方で、到着時に厳格な検疫要件を廃止することを検討している。 。

政府は、非居住者の参加者がCOVID-19検査結果が陰性で、3回目のワクチン接種量を示す証明書を提示した場合、現在の7日間の検疫期間を廃止することを検討しています。

政府がコロナウイルスの感染性の高いオミクロン変異体の蔓延に対抗する取り組みを強化したことで、11月下旬に導入された国境管理は、今月末まで、いくつかの例外を除いて、外国人による新規参入を禁止しました。

松野博一内閣官房長官が2022年2月15日に東京の首相官邸で行われた記者会見で講演する。(共同通信)

先進工業国7カ国の中で最も厳しい規制は、国内外の産学界から厳しい批判を受けている。

岸田文雄首相は木曜日に記者会見を開き、計画の詳細を説明する予定です。

政府の最高報道官は火曜日、日本ビザを保持している約15万人の留学生が、COVID-19国境管理のため、昨年末までに入国できなかったと述べた。

松野博一内閣官房長官も定期記者会見で、11月29日から2月10日までの新規入国者数は約6,000人であると発表した。

松野氏は、政府は対策について「さまざまな要望」があることを認識しており、「できるだけ早く」緩和する計画を提示することを検討していると述べた。

彼の発言は、与党自民党が留学生の日本への入国を許可するよう政府に要請した後のものだった。

11月まで、1日あたり最大5,000人が許可されていました。


関連する報道:

日本は3月に非居住者の外国人入国禁止を緩和することを検討している

焦点:COVID-19の入国禁止は、日本への関心を決定する可能性がある:英国の学者

特徴:留学生は日本が入国禁止を解除するのを待っている、一部はあきらめる


。日本はCOVID国境管理を緩和し、3月から入国検疫を解除
Source#日本はCOVID国境管理を緩和し3月から入国検疫を解除

Leave a Comment