日本は9月中旬にも優先標的に対するオミクロンのワクチンを発売する

日本の厚労省は、高齢者や医療従事者を対象としたオミクロンの亜種を対象としたコロナウイルスの予防接種を9月中旬にも開始することを決定しました。

同省の専門家委員会は金曜日に、最初の 2 回の注射を受けた 12 歳以上の人が Omicron ブースター ジャブの資格があると決定しました。

高齢者や医療従事者を含む優先グループのメンバーは、現在、Omicron 非対応バージョンの 4 回目の注射を受けています。

ジャブは、おそらく9月中旬に、まだ4回目のショットを受けていない人のために、オミクロンに合わせたものに切り替えられます.

新しいワクチンは、最初のコロナウイルス株とBA.1 Omicronサブバリアントの両方を標的とするため、「二価」と呼ばれます。 普及しているBA.5型にも効果が期待できます。

製薬会社のファイザーとモデルナは、2 価ワクチンの承認を申請しています。 承認されれば、9月中旬以降に地方自治体に発送される予定です。

厚労省によると、準備が整い次第、自治体は対象をより幅広い年齢層に拡大できるという。

SEP 03 (ANNNEWSCH) – オミクロン株にした新型コロナワクチン 厚生労働省の分科会 、 2 回目までの授業を終えた 12 歳以上を対象とすることを了承しました。 … 続きを読む


ポリシー ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

日本は9月中旬にも優先標的に対するオミクロンのワクチンを発売する
Source#日本は9月中旬にも優先標的に対するオミクロンのワクチンを発売する

Leave a Comment