日本は7日間の検疫期間を3に短縮し、より多くの外国人を受け入れる

政府筋によると、日本は、COVID-19の国境管理を緩和する一環として、入国者の検疫期間を現在の7日から3日に短縮することを検討している。

政府はまた、3月から、新規参入者の上限を現在の3,500人から1日あたり5,000人に引き上げる計画を立てている。 観光以外の目的で日本に入国を希望する外国人は、1日あたりの制限内で受け入れることが期待されています。

保健省のCOVID-19諮問委員会の責任者である脇田隆字氏は水曜日、日本でのコロナウイルス感染の最近の急増は、注意が必要であるにもかかわらず、2月初旬に「ピークに達する」可能性が高いと述べた。

日本の国境管理は、11月下旬から2月末までの非居住者の外国人の入国禁止を含むため、企業から学生まで厳しすぎるとの国際的な批判を受けています。

2022年2月16日に東京で開催された保健省の記者会見で、COVID-19保健省諮問委員会の責任者である脇田隆字(R)が講演しました。(京堂)

それ以来、例外として非常に限られた数の外国人のみが入国を許可されています。

しかし、日本の政府当局者は最近、コロナウイルスのオミクロン変異体の流入を最小限に抑えるように当初設計された制限をどれだけ緩和できるかについて話し合っています。

想定される変更が行われた場合、3日目に人々がCOVID-19の検査で陰性になった後、自宅または他の宿泊施設での自己検疫は終了する、と情報筋は述べた。

情報筋によると、政府は、新規参入者が3回のワクチン接種を含む要件を満たすことができるという条件で、検疫期間を完全に廃止する可能性があります。

岸田文雄首相は木曜日に詳細を発表する予定です。

松野博一内閣官房長官は記者会見で、「オミクロン株や国内外の感染状況の変化に関する科学的証拠を考慮して、国境管理措置を緩和する方法を検討している」と述べた。

政府によると、日本ビザを保持している約15万人の留学生は、COVID-19の国境管理のため、昨年末までに入国できませんでした。

感染症の専門家である脇田が率いる保健省の諮問委員会は水曜日に感染傾向を評価し、データはほとんどの年齢層で新たに確認されたCOVID-19症例の数が週ごとに減少したことを示しています。

しかし、ワキタは、感染数がさらに減少しない限り、リバウンドを警告しました。

「国の多くの地域の医療制度は緊張状態が続くと予想され、重度の症状のある患者の病床の占有率は上がる可能性が高い」と彼は述べた。

現在、日本の47都道府県の3分の2以上が準非常事態宣言を受けており、知事はレストランやバーの営業時間の短縮とアルコールの提供の停止を要求することができます。

アンチウイルス対策が日曜日に終了する21都道府県のうち、大阪、福岡を含む15都道府県が延長を求めており、沖縄、山口、山形は予定通りに期限が切れることを望んでいる。


関連する報道:

COVID国境管理により、1月の日本の外国人入国者数は61%減少

焦点:COVID-19の入国禁止は、日本への関心を決定する可能性がある:英国の学者

特徴:留学生は日本が入国禁止を解除するのを待っている、一部はあきらめる


。日本は7日間の検疫期間を3に短縮し、より多くの外国人を受け入れる
Source#日本は7日間の検疫期間を3に短縮しより多くの外国人を受け入れる

Leave a Comment