日本は6月末に外国人のための長期滞在措置を廃止する

日本政府は、コロナウイルスの国境規制のために外国人が自国に帰国できないことを認め、日本での滞在を延長するための措置を6月末に終了する予定です。

日本の入国管理局は火曜日、各国が国境管理を徐々に緩和したため、東京はこの措置を終了することを決定したと述べた。

東京近郊の成田空港の出発ロビーは、コロナウイルスの大流行の中で、2020年12月28日に事実上空になりました。 (共同通信)

この措置は、2020年3月のCOVID-19パンデミックの初期段階で導入され、主に日本での技術インターンシッププログラムまたは研究を完了した外国人を対象としています。

代理店によると、6月30日以降に6ヶ月の「指定活動」ビザで在留資格が失効し、滞在を延長したい人は、さらに4ヶ月間日本に滞在することができますが、それらのビザの下で彼らの滞在をさらに延長することができます。

日本で90日間の短期滞在ビザを持っていて、その多くが親戚を訪ねたり、事業活動を行っている人は、6月30日から滞在を延長することができなくなります。

4月末現在、約79,600人の外国人がこの措置の下で国内に滞在していた。 国境管理の緩和に伴い、年初から減少傾向にあります。


関連する報道:

日本は36か国の旅行勧告を緩和し、不必要な旅行を許可します

焦点:外国人観光客を歓迎することへの日本の抵抗によって動揺した企業

日本は1日2万人の国際線到着でCOVID国境管理を容易にする


。日本は6月末に外国人のための長期滞在措置を廃止する
Source#日本は6月末に外国人のための長期滞在措置を廃止する

Leave a Comment