日本は3000億を約束します。 今後3年間の栄養関連援助円

東京が飢餓削減への取り組みを強化する中、日本は今後3年間で3000億円(26億ドル)以上を提供し、開発途上国が栄養問題に取り組むのを支援すると、文尾首相は火曜日に述べた。

岸田文雄は、同日から開催された日本主催の2日間の栄養サミットでの発言の中で、オミクロン亜種の蔓延の中で緊急に注射が必要なアフリカ諸国に、1,000万回分のCOVID-19ワクチンを接種することを約束しました。 新しいコロナウイルスの。

2030年までに飢餓ゼロを達成することは、国連の持続可能な開発目標の1つであり、気候変動と貧困への取り組みも含まれています。 日本は、開発途上国の食糧供給を支援することにより、開発途上国の栄養状態を改善しようとしています。

「COVID-19パンデミックの克服は緊急の問題です」と岸田は、事実上外国人の参加者が参加した東京でのハイブリッドイベントで述べ、栄養に「重大な影響」を与えたと付け加えた。

パンデミックは経済活動を抑制し、サプライチェーンを混乱させました。 岸田文雄氏によると、危機により重度の栄養失調の子供たちの数が1360万人増加したため、脆弱な人々にも影響を及ぼした。 …読み続けます







日本は3000億を約束します。 今後3年間の栄養関連援助円

Source#日本は3000億を約束します #今後3年間の栄養関連援助円

Leave a Comment