日本は2028年に光ファイバーネットワークで世帯の99.9%をカバーする

日本は、2028年3月までの会計年度が終了する前に、高速光ファイバーネットワークが世帯の99.9パーセントをカバーすることを目指している、と政府の政策が水曜日に示した。

この計画は、岸田文雄首相のビジョンの要であり、主要都市だけでなく地方も日常生活の中でデジタルサービスにスムーズにアクセスできるようにすることです。 日本は世界的にデジタルトランスフォーメーションの遅れと見なされており、COVID-19パンデミックはコントラストをより明確にしました。

この方針のその他の目標には、データサイエンティストなど、デジタル化の専門知識を持つ人々の数を2026年度末までに合計230万人から330万人に増やすことが含まれます。

岸田文雄首相(Lから2番目)は、2022年6月1日に東京の彼のオフィスでデジタル化イニシアチブを推進することを任務とする政府パネルの会議に出席します。(京堂)

政府は、デジタル化を推進するという基本方針に従い、2030年度末までに人口の99%をカバーする次世代5G無線ネットワークと、2025年度末までに日本周辺の海底ケーブルを完成させることを目指しています。

「政策が整った今、ビジョンを実現し、目に見える結果を生み出すために政府全体の努力をする時が来た」と岸田はデジタル化イニシアチブを推進することを任務とするパネルの会議に語った。

政府は、高齢化社会と農村部の過疎化が直面する課題を解決するための手段として、デジタル化を期待しています。 また、デジタル化を経済の成長ドライバーにし、地方で雇用を創出することで、東京のような人口の多い都市からより多くの人々が移動することを望んでいます。

先週発表された政府の調査では、家庭でブロードバンドサービスを利用している日本の世帯の中で、光ファイバーネットワークが約58%を占めています。

この政策は、岸田文雄が昨年首相に就任して以来、何ヶ月にもわたるパネルによる議論の末に作成された。

デジタル化の助けを借りて地域経済を活性化するという考えは新しいものではなく、岸田の前任者である菅義偉と安倍晋三もデジタル化を重要視しています。


関連する報道:

日本はイノベーションのためのスタートアップを促進するための5年間の計画を作成する

日本がデジタル化を加速するための代理店を立ち上げる

焦点:日本は中国などと同様にデジタル通貨の準備をしている


。日本は2028年に光ファイバーネットワークで世帯の99.9%をカバーする
Source#日本は2028年に光ファイバーネットワークで世帯の999をカバーする

Leave a Comment