日本は2023年にG-7外相が長野のリゾートタウンで会談することを視野に入れている

日本は、5月に広島で予定されているG7先進国首脳会議に先立って、来年4月に長野県のリゾートタウンでG7先進国の外相会議を開催する予定である、と関係者は日曜日に語った。 .

情報筋によると、岸田文夫首相率いる政府は、5月に東京北西部の日本海に面した沿岸都市である新潟で、財務大臣と中央銀行の総裁会議を開催することも調整している。

政府は計画を最終決定し、すぐに発表することが期待されている、と情報筋は付け加えた。

2022年6月27日、ドイツの山岳リゾート、シュロス・エルマウで開催された3日間のG7サミットの2日目。(プール写真)(共同)==共同

長野県の軽井沢で予定されている会談は、ロシアがウクライナとの戦争で核兵器を使用すると脅迫しているため、岸田首相が「核兵器のない世界」の実現に向けた強力なメッセージを発することを目指す広島での G7 サミットへの道を開くことになる。 .

情報筋によると、政府は、2019 年の G20 主要経済国の環境・エネルギー大臣会合、2016 年の G7 運輸大臣会合など、大規模な国際会議を主催した経験から、軽井沢を選択する予定です。 .

宿泊施設が充実した避暑地として知られるこの町は、東京から新幹線で1時間強のアクセスの良さも魅力。

新潟は、2019 年に G20 農業大臣会合、2016 年に G7 農業大臣会合を主催した。

6 月下旬にドイツで開催された G7 首脳会談の総括記者会見で、広島の選挙区から選出された岸田氏は、来年の首脳会談は日本の議長国である西日本の都市で開催されると述べた。第二次世界大戦で被爆した 2 つの都市。

軽井沢で予定されている外相会議では、英国、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、米国、および欧州連合のトップ外交官が、ウクライナに対する戦争でロシアが核兵器を使用するという脅威について話し合うことが期待されています。太平洋での中国の軍事活動の激化などの問題もあると関係筋は述べた。

日本では、22 の地方自治体が、来年開催される G7 閣僚会議の主催を申請した。

政府は当初、いくつかの世界文化遺産がある日本の古都である奈良で外相会議を開催することを検討していた。 しかし、情報筋によると、7月に安倍晋三元首相が西部の都市で暗殺された後の安全上の懸念により、計画は中止された.

日本は、2008 年に京都で、2016 年に広島で G7 外相会議を開催し、その年に G7 サミットを主催しました。

.日本は2023年にG-7外相が長野のリゾートタウンで会談することを視野に入れている
Source#日本は2023年にG7外相が長野のリゾートタウンで会談することを視野に入れている

Leave a Comment