日本は17都道府県で準緊急措置を拡大することを決定

日本政府は、コロナウイルスの準緊急事態を17都道府県で拡大し、他の5都道府県で解除することを正式に決定しました。

政府は、諮問委員会の承認を得た後、金曜日に決定を下した。

現在、36都道府県で集中的な対策が実施されており、そのうち21都道府県で日曜日に期限が切れる予定です。

金曜日の決定により、制限は大阪、北海道、福岡を含む16の県で3月6日まで有効になります。

2月27日に期限が切れる和歌山の措置も同日まで延長された。

政府は日曜日に沖縄、山形、島根、山口、大田で地域の感染状況を安定させることを理由に準緊急事態を解除する。

金曜日の初め、コロナウイルス対策担当大臣の山際大志郎氏は、諮問委員会のメンバーは、新たな症例数は減少しているものの、国が警戒を緩めるのは時期尚早であると述べたと国会に語った。

山木和氏はまた、政府は基本的な感染防止対策を徹底的に実施すべきであるというパネルのアドバイスに基づいて措置を講じると述べた。

政府は試コロナの防本部を持ちてて「まん延えれ等測定し」開始階沖縄県つつ県をして日日で決定する決定しましたたを見の君しでした。 -Annnewsch







日本は17都道府県で準緊急措置を拡大することを決定
Source#日本は17都道府県で準緊急措置を拡大することを決定

Leave a Comment