日本は11月28日からさらに3つのアフリカ諸国の入国規則を強化する

岸田文雄首相は、南アフリカでコロナウイルスの新種が発見された後、日曜日から、日本はモザンビーク、マラウイ、ザンビアを、より厳しい入国規則の対象となる国のリストに追加する予定であると述べた。

岸田文雄は土曜日、ボツワナ、エスワティニ、レソト、ナミビア、南アフリカに最近行った旅行者に「国境管理措置がしっかりと実施されている」ことを保証したいと記者団に語った。到着時に政府指定の施設。

10日間、指定された国からの旅行者は、到着後3日、6日、および10日目にコロナウイルス検査を受ける必要があります。

世界保健機関は金曜日に、南アフリカで検出されたコロナウイルスの新株は、伝染性の高い「心配している亜種」であり、「オミクロン」と名付けたと述べた。

水曜日に南アフリカからWHOに最初に報告されたバリアントB.1.1.529の出現により、世界中の当局が警戒に反応し、多くの国が旅行の制限を厳しくするために迅速に動いています。

英国は、アフリカ南部の国々からのフライトを一時停止した最初の国の1つでした。


関連する報道:

WHOはコロナウイルスオミクロンの新しい変種は「気になる」と言います

日本は南アフリカからの旅行を変種で制限します

東京株の日経平均株価は、COVIDの懸念により1か月ぶりの安値に下落


。日本は11月28日からさらに3つのアフリカ諸国の入国規則を強化する

Source#日本は11月28日からさらに3つのアフリカ諸国の入国規則を強化する

Leave a Comment