日本は飛行中のオミクロンの密接な接触の定義を下げる

飛行中のオミクロンの密接な接触に関する日本の方針は、火曜日に他のコロナウイルス感染症の定義と一致しました。中央政府と地方自治体が検疫なしで放置されるのではないかという懸念の中で、感染者が座っていた場所の前後2列です。 緊密な連絡のための施設。

後藤茂之保健相は月曜日の夜、飛行中にウイルスに感染した疑いのある感染者の数が少ないことを理由に発表した。

後藤氏は記者団に対し、「同便で陽性となった乗客の割合は、空港での検疫手続きを経て感染したことが判明した乗客と同じレベルだ」と語った。 「密接な接触の数が減少するのは事実ですが、それは客観的な証拠に基づいています。」

乗客がコロナウイルスのオミクロン変異体について陽性であるとテストされた場合、家族やその個人に同行する他の乗客も、彼らがどこに座っているかに関係なく、密接な接触と見なされます。

11月下旬に日本で初めてオミクロンが検出されたとき、政府はこの亜種に感染した人々の機内での密接な接触の定義をすべての乗客に拡大しました。 その後、当局が綿密に監視できるように、これらの密接な連絡先はすべて、指定された施設または自治体が運営する宿泊施設で14日間隔離する必要があると決定しました。

しかし、この動きにより、これらの施設で隔離されなければならない人々の数が大幅に増加し、中央および地方自治体は、それを実現するのに十分な部屋とスタッフを確保するために戦うようになりました。 何人かの旅行者は千葉県の成田空港から大阪や福岡を含む他の都市に検疫のために飛ばされました。

これまでのところ、政府は無症候性および軽度の病気の患者のために全国で66,000の部屋を予約し、緊密な連絡を取っています。

28日の時点で、政府はオミクロン株の国境措置に関する緊密な接触の定義を改訂しました。 年末年始の前にどう行動すればいいですか? 市中感染の疑いがある感染症は毎日確認されています。 愛知県大村秀章知事:「市中感染だと思います」。 愛知県では、20代の男性2人がオミクロン株に感染していることが確認され、関係のない2人が感染していることが確認されました。 。 –ANNnewsCH







日本は飛行中のオミクロンの密接な接触の定義を下げる

Source#日本は飛行中のオミクロンの密接な接触の定義を下げる

Leave a Comment