日本は議会会期の終わりで7月10日の選挙に向けて準備をしている


ジャストイン:岸田文雄は選挙後、参議院で過半数の与党を目指す


東京発-日本は水曜日に150日間の定例会期を締めくくり、7月10日に予定されている参議院選挙に向けて与党と野党が急成長した。

岸田文雄首相は選挙日と6月22日の公式キャンペーンの開始を決定し、3年に一度のレースは価格上昇の影響を緩和し、コロナウイルスに襲われた経済を復活させるための措置に焦点を当てる可能性が高いパンデミック。

議員たちは、2022年6月15日に定例会期が終了した後、東京の議会で衆議院議員室を去る。(共同通信)

選挙は、日本がCOVID-19の制限を徐々に緩和し、世界に再開することで行われます。最近、2年間の休止の後、外国人観光客の受け入れを再開する手続きが開始されました。

外交面では、ロシアのウクライナ戦争、中国の台頭、北朝鮮のミサイルや核の脅威に対する政府の対応が脚光を浴びるだろう。

「ついに上院選挙が始まろうとしている」と岸田文雄は自民党幹部に語った。 「大きな問題が山積しているので、これからも努力を続けていきます。」

岸田文雄首相が2022年6月15日に東京の事務所に到着。(共同通信)

松野博一事務局長は記者会見で、社会経済活動を段階的にまとめ、石油・食料価格の高騰やロシアのウクライナ侵攻に対応する取り組みについて、「政府は国内問題や外交課題に着実に取り組む」と述べた。

岸田文雄氏と自民党は、現在、与党の公明党とともに両院を統括しており、主要政策の実施に向けた道筋を固め、より安定した政権を実現するための支援を固めようとしている。

昨年10月に就任した岸田文雄氏は、同日遅くに記者会見を開き、首相としての功績を語り、連立政権を選挙で勝利に導く決意を表明する。

来たる選挙では、参議院の248議席の半分が比例代表制で選ばれ、残りは選挙区から選ばれる。

自民党主導の立憲民主党と野党の立憲民主党はすでに衝突しており、CDPJは岸田内閣と細田博之衆議院議長に対して、国会終了の数日前に不信の申し立てを提出した。

CDPJは、価格上昇に対する内閣の対応の欠如と、セクハラスキャンダルに巻き込まれた細田を、強力な衆議院または衆議院を率いるのにふさわしくないとして批判した。 しかし、動議は与党連立によって却下された。

岸田文雄は、国会が国の経済安全保障の強化や子どもの政策を包括的に見落とす新しい機関の設立など、政府から提出された61の法律すべてを制定することで後押しを受けた。

議会が政府から提出されたすべての法律を制定するのは、1996年の通常の会合以来初めてでした。

しかし、自民党は先週、日本の法定飲酒年齢に満たない18歳の少女と飲みに出かけ、40万円を贈ったという雑誌報道を受けて、衆議院議員が辞任したという別のスキャンダルに直面している。 ($ 300)。 議員は岸田文雄率いる派閥に所属していた。

。日本は議会会期の終わりで7月10日の選挙に向けて準備をしている
Source#日本は議会会期の終わりで7月10日の選挙に向けて準備をしている

Leave a Comment